サプリメントの種類や選び方を症状別・目的別にご紹介しています

肩こりの緩和と改善

肩こりの緩和と改善のためのサプリメント

肩こりは、同じ姿勢を続けたときに筋肉が収縮したままになり、血行が悪くなって疲労物質がたまるために起こります。肩こりを改善するには、まず同じ姿勢を長時間続けないようにすることが先決ですが、ビタミンB1、ビタミンE、イチョウ葉エキス、カプサイシンなどのサプリメントを服用するのもひとつの方法です。

ビタミンB1

疲労回復のビタミンと呼ばれるビタミンB1は、体内でブドウ糖をエネルギーに変換する働きがあります。ビタミンB1が不足すると疲労物質が蓄積してしまうため、肩こりなどの症状を悪化させます。ビタミンB1は、食品から摂取するのが基本ですが、体内では非常に壊れやすく、また吸収されにくいため、不足分をサプリメントで補うようにすると肩こりの緩和と改善に役立ちます。

ビタミンE

ビタミンEは、血行を良くし疲労物質を取り除く働きがあるため、血行不良による肩こりの緩和と改善に有効です。またビタミンEには、高い抗酸化作用があり、動脈硬化を予防したり老化防止の作用も期待されています。ビタミンEは酸化されて効力を失った場合、ビタミンCにより再活性化されるため、ビタミンEとビタミンCのサプリメントを一緒に摂るとより効果が高まります。ビタミンEには「トコフェロール」と「トコトリエール」の二種類があります。

イチョウ葉エキス

イチョウ葉エキスは、毛細血管の血行をよくするハーブとして知られ、ケルセチンやルチン、カテキンなどの30種類以上のフラボノイドや ギンコライドなどの有効成分が含まれています。また、イチョウ葉エキスには、脳を活性化して記憶力を高める働きがあり、初期のアルツハイマーの進行を遅らせることも認められています。イチョウ葉特有の成分であるギンコライドは、血管を広げたり血液の流れをよくし、血小板が固まるのを防ぐ効果があるため、肩こりの緩和と改善へとつながります。

カプサイシン

カプサイシンは唐辛子に含まれている辛味成分で、殺菌作用や健胃作用、発汗作用などがあります。体温を上げて血流を良くする働きもあるため、特に寒い時期の肩こりの緩和や改善に効果があります。また、体脂肪の分解と燃焼を促進する働きがあるため、ダイエットも期待できます。カプサイシンは、唐辛子を食べることにより摂取することもできますが、効果を得るためには一日10グラム程度の唐辛子が必要になるため、サプリメントによる摂取のほうがより手軽と言えます。

肩こりの緩和と改善に役立つサプリメントのご紹介

ここでご紹介のサプリメントは、アマゾン(Amazon.co.jp)で購入することができます。
ご注文の際は、リンク先のアマゾンのサイトで詳細をご確認の上、注文手続きをお取りください。

>>肩こりの緩和と改善に役立つサプリメント

swfu/d/ieline02.gif

powered by HAIK 7.1.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional