サプリメントの種類や選び方を症状別・目的別にご紹介しています

肌荒れを防いで美肌を作る

肌荒れを防いで美肌を作るサプリメント

肌荒れを防いで美肌を作るのに役立つサプリメントには、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンE、コラーゲン、ヒアルロン酸などがあります。いつまでも若々しく美しい肌を保ちたいというのは、今や女性ばかりではなく男性の願いでもありますが、まずは3大栄養素のほか野菜や果物をしっかり摂り、ストレスをためないように留意することも大切です。

ビタミンB2

ビタミンB2は、別名リボフラビンと呼ばれる水溶性のビタミンですが、「皮膚や粘膜のビタミン」または「美容のビタミン」とも呼ばれ、肌荒れを防いで美肌を作るには欠かせないビタミンです。ビタミンB2は、細胞の再生や成長を促進する働きがあり、健康な皮膚や髪、爪をつくり、粘膜を保護しています。
ビタミンB2が不足すると、肌が荒れる、肌が脂っぽくなる、にきびができる、口内炎ができる、頭髪のフケが多くなるなどの症状が現れます。また、ビタミンB2は肌のターンオーバーを正常にする働きがあるため、健康できれいな肌を作ります。また、ビタミンB2は体内に蓄積しておくことができませんので、毎日摂取することが大切です。

ビタミンC

美容に良いビタミンとして筆頭にあげられるのがビタミンCですが、ビタミンCには特に肌の美白と老化防止の効果があります。紫外線によるメラニンの生成を抑制する働きがあるため、シミを防いだり、できてしまったシミを薄くして美白へと導きます。また、活性酸素を除去して肌が傷つけられるのを防いだり、肌に必要なコラーゲンの生成を助ける働きもあります。市販のビタミンC製剤には、アスコルビン酸、アスコルビン酸ナトリウム、アスコルビン酸カルシウムがありますが、カルシウムも不足しがちな方には、「アスコルビン酸カルシウム」がおすすめです。ビタミンCは水溶性ビタミンのため、多く摂りすぎた場合は尿に排出されますが、ビタミン剤としては一日2000mgまでが安全量とされています。

ビタミンE

ビタミンEは別名トコフェロールと呼ばれる脂溶性のビタミンで、ビタミンCと並び抗酸化力の強いビタミンとして知られています。ビタミンEは血管を拡げて血行を促進させる働きがあるため、体の隅々まで新鮮な酸素や栄養素が行き届くようになります。その結果、肌のターンオーバーも早くなり、肌荒れを防いで美肌を作ることができます。ビタミンEは過剰症は殆どありませんが、脂溶性ビタミンのため、一日の所要量はきちんと守りましょう。

コラーゲン

コラーゲンは体内に存在するタンパク質の一種ですが、繊維状に絡み合った構造をしており、肌の弾力性や伸縮性のもとになってます。皮膚組織では水分以外の約70%がコラーゲンで、弾力のある若々しい肌と、潤いのあるみずみずしい肌を作るためには欠かせない成分です。このコラーゲンが加齢とともに減少すると、乾燥肌や肌荒れ、しわやくすみ、たるみなどが現れます。アンチエイジングのためにも積極的に摂取したいサプリメントですが、コラーゲンを分解・合成するためにに必要な酵素やビタミン・ミネラルなどの補酵素も不足しないようにすることが大切です。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、人間の皮膚や関節などに多く含まれるゼリー状の物質ですが、驚くべき保水力があります。たった1gのヒアルロン酸で6000倍にもあたる約6リットルの水を閉じ込めることができると言われます。肌に含まれるヒアルロン酸は、ぷるぷるとした弾力性やみずみずしさを保っていますが、加齢により減少すると保水力が低下し、肌のハリが失われ、シワやたるみが目立ってきます。1日に摂りたいヒアルロン酸の量は200mgが理想ですが、食品から摂るのは難しいため、肌の保水力をアップさせて美肌作りを目指したい方には、サプリメントによる摂取をおすすめします。

肌荒れ予防に役立つサプリメントのご紹介

ここでご紹介のサプリメントは、アマゾン(Amazon.co.jp)で購入することができます。
ご注文の際は、リンク先のアマゾンのサイトで詳細をご確認の上、注文手続きをお取りください。

>>肌荒れ予防に役立つサプリメント

swfu/d/ieline02.gif

powered by HAIK 7.1.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional