サプリメントの種類や選び方を症状別・目的別にご紹介しています

慢性的な胃もたれの改善

慢性的な胃もたれの改善

胃のあたりがムカムカする「胃もたれ」とは、食べたものがスムーズに消化・分解されず、いつまでも胃の中に残っている場合に起こる症状です。
暴飲暴食やアルコール類の飲み過ぎ、タバコ、薬の乱用、ストレスなどにより、胃酸が過剰に分泌され、胃の粘膜が傷ついている可能性があり、同じような状況が続けば慢性化しやすいと言えます。
さらに症状が悪化すると、胃潰瘍になることもあるので、注意が必要です。

慢性的な胃もたれを改善するには、胃への負担を減らすために暴飲暴食やアルコール類の飲み過ぎを避け、規則正しい食生活を続けるのが一番ですが、補助的にサプリメントを利用することもできます。

慢性的な胃もたれ改善に役立つサプリメントには、ビタミンA(βカロテン)、ビタミンC 、アロエ、マグネシウムなどがあります。


ビタミンA

ビタミンAは、皮膚や粘膜を健康に保つ働きがありますが、胃の粘膜を正常に保つ働きもあるため、胃もたれの改善に役立ちます。
ビタミンAには、動物性食品に含まれる脂溶性のビタミンA(レチノール)と、緑黄色野菜に含まれる水溶性のβカロチンの2種類がありますが、脂溶性のビタミンA(レチノール)は過剰摂取により副作用が出ることがあるので注意してください。
水溶性のβカロチンのほうは、体内で必要な分だけビタミンAに変わるため、過剰摂取による副作用の心配はありません。そのため、サプリメントでビタミンAを摂取する場合は、βカロチンのほうがおすすめです。

ビタミンC

ビタミンCには、美肌を保ったり、免疫力をアップさせる働きがあることはよく知られていますが、ストレスを和らげる効果もあります。
慢性的な胃もたれは、過度なストレスにより悪化する傾向があるため、ビタミンCのサプリメントを摂取することで改善に向かわせるための助けになります。
また、ビタミンCは水溶性ビタミンのため、大量に摂取しても余分なビタミンCは尿から排出されるので、副作用の心配はほとんどありません。


アロエ

サプリメントや胃薬に使用されているアロエには、独特の苦味成分である「アロイン」が含まれていますが、このアロインには胃液の分泌を促進したり、消化を助けて胃腸の働きを健康に保つ働きがあります。
また、胃の炎症を鎮めたり胃の粘膜を保護する働きのある「アロエウルシン」や「アロエエモジン」などの有効成分が含まれており、胃炎や胃潰瘍の予防のほか、慢性的な胃もたれの改善にも役立ちます。
ただし、アロエのサプリメントは過剰摂取により副作用がおこることがあるので、注意してください。
特に、妊娠中や授乳中、月経中の方、子供の場合は控えるようにしましょう。


マグネシウム

マグネシウムは、骨の生成、筋肉の収縮、心臓の鼓動、血圧調整、体温調節などにかかわる重要なミネラルのひとつですが、胃の中では酸性の胃酸を中和し、胃の痛みを軽減する作用があります。
そのため、胃もたれや胃痛の改善にも役立ちますが、サプリメントでマグネシウムを摂取する場合は、成人における一日の上限量350mg以下を守るようにしてください。
マグネシウムが不足すると骨や歯の形成不全、筋肉のけいれん、血圧上昇、不整脈、動脈硬化、心疾患などのリスクが高くなりますが、一方で過剰摂取により、「高マグネシウム血症」のリスクも発生します。


胃もたれの改善に役立つサプリメントのご紹介

ここでご紹介のサプリメントは、アマゾン(Amazon.co.jp)で購入することができます。
ご注文の際は、リンク先のアマゾンのサイトで詳細をご確認の上、注文手続きをお取りください。

>>胃もたれの改善に役立つサプリメント

swfu/d/ieline02.gif

powered by HAIK 7.1.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional