サプリメントの種類や選び方を症状別・目的別にご紹介しています

口内炎を予防する

口内炎を予防するサプリメント

口内炎ができると、ちょっと触れるだけでも痛みがありますが、ものを食べたり飲んだりする時には特に痛むため、大変つらいものです。通常は一週間ほどで治癒しますが、口内炎ができやすい方は、普段から予防しておきましょう。口内炎を予防するためのサプリメントには、ビタミンB類やビタミンC、熊笹(クマザサ)エキスなどがあります。

口内炎は、体の免疫力が低下しているシグナルと言われます。口内炎ができたときは、栄養が不足していないか、ストレスや疲労が蓄積していないか、体のどこかに異常がないかを良くチェックしましょう。口内炎の中でも最も多いアフタ性口内炎は、その原因がはっきりとはわかっていませんが、体力がおちているときにできやすいことがわかっています。
口内炎ができやすい方は、特にレバーや豆腐、納豆などの大豆食品、豚肉、うなぎなどのビタミンB群を積極的に摂取することをおすすめします。また、ストレスや疲労の蓄積を避け、しっかりと睡眠時間も確保しましょう。

ビタミンB群

ビタミンB2には、皮膚や粘膜を保護したり、細胞の成長を促進する働きがあるため、口内炎を予防するほか、炎症を起こしている粘膜を正常な状態へ戻し、回復をはやめることができます。ビタミンB6には、タンパク質の代謝を促進し、正常な免疫機能を保つ働きがあります。また、ビタミンB12には赤血球の中の核酸(DNA)の合成に必要な葉酸の働きを助ける補酵素の役割があります。このようなビタミンB群のサプリメントを摂取することにより、口内炎の予防や改善が期待できます。

ビタミンC

美容に良いと言われるビタミンCには、細菌やウィルスへの抵抗力を高めたり、ストレスをやわらげる働きがあるため、口内炎の予防と改善にも有効です。
ただし、原因はよくわかっていませんが、体質により柑橘類をたくさん食べたり、ビタミンCを多く摂取すると逆に口内炎ができる場合もありますので、注意してください。

熊笹(クマザサ)エキス

クマザサはイネ科の植物ですが、葉緑素(クロロフィル)、ビタミン、ミネラルのほか天然のアミノ酸が含まれており、抗菌効果、炎症を抑え粘膜を保護する作用や血流浄化作用などがあります。口内炎になりにくい体質をつくることができ、また消臭効果もあるため、口臭や体臭の改善にも有効です。

口内炎予防に役立つサプリメントのご紹介

ここでご紹介のサプリメントは、アマゾン(Amazon.co.jp)で購入することができます。
ご注文の際は、リンク先のアマゾンのサイトで詳細をご確認の上、注文手続きをお取りください。

>>口内炎の予防に役立つサプリメント

swfu/d/ieline02.gif

powered by HAIK 7.1.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional