サプリメントの種類や選び方を症状別・目的別にご紹介しています

サプリメントの選び方

サプリメントの選び方

  • サプリメントを摂る目的をはっきりさせる
    まず最初に何のためにサプリメントを摂るのかを明確にしておきましょう。普段の食生活を見直して、不足している栄養素がある場合はその栄養素を中心としたサプリメントが必要になります。また、気になる症状を改善したい場合はその症状に合ったサプリメントが必要です。生活習慣病を予防したい場合、アンチエイジング効果を期待したい場合など、それぞれ目的が異なりますので、その目的をはっきりしておきましょう。
  • 情報収集をしっかり行う
    サプリメントは医薬品とは異なり、効果や効能についてはっきりと表示できないことになっています。そのため、効き目については完全に自己責任になります。自分の症状にはどのようなサプリメントが合うのか、しっかりとした情報収集が必要になります。
  • 素材をチェックする
    サプリメントには、化学合成サプリメントと天然素材をもとに化学合成したサプリメント、天然素材100%のサプリメントの3種類があります。化学合成サプリメントは石油から合成されたもので、製造しているメーカーも多く、一般に安価でどこでも手軽に購入することができます。また、完全な天然素材のサプリメントは、最近は製造メーカーも増えて来ましたが、まだまだ少なく値段も高価です。できれば良質な天然素材のサプリメントがおすすめです。
  • 添加物をチェックする
    体のためにとサプリメントを摂っても、体に害のある添加物を一緒に摂っていては、かえって症状が悪化したり、体調が悪くなってしまう場合もあります。特に香料、甘味料、保存料、防腐剤などは、サプリメントには必要のない添加物なので、このようなものが含まれているものは避けるようにしたほうが賢明です。
  • 信頼のおけるメーカーのものを選ぶ
    一口にサプリメントと言っても、原料と製造がともに国内のもの、輸入原料を用いて国内で製造したもの、原料も製造も国外のものとがあります。製造メーカーをチェックし、創業年数が長く信頼のおけるメーカーのものを選ぶようにしましょう。また、製造番号(ロット番号)や、問い合わせ先もきちんと表示されていることを確認してください。
  • 飲みやすいものを選ぶ
    サプリメントには、錠剤タイプ、カプセルタイプ、粉末状のものなどさまざまなタイプの製品があります。また錠剤やカプセルの中にも大きなものや小さなものがあります。せっかくサプリメントを購入してものどにひっかかって飲みずらいものでは、続きません。購入する前によくチェックして自分に合った飲みやすいものを選ぶようにしましょう。

powered by HAIK 7.1.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional