サプリメントの種類や選び方を症状別・目的別にご紹介しています

コレステロール値を下げる

コレステロール値を下げるサプリメント

コレステロールは、人間が生命活動を維持するために必要な物質ですが、血液中のコレステロール濃度が基準値を超える「高コレステロール血症(高脂血症)」になり、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などの重大な病気を引き起こします。コレステロール値を下げるためには普段の食事に留意するほか、紅麹、植物ステロール、大豆イソフラボンなどのサプリメントを利用する方法があります。

紅麹

紅麹は、お酒や醤油などを作る時に使用される麹の一種で、鮮やかな紅色をしています。古くから中国や台湾地方で紅酒、老酒などの製造原料として利用されていたほか、血行を改善したり、胃腸を強くする漢方薬として利用されてきました。この紅麹には、肝臓でのコレステロール合成を阻害し、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)と総コレステロール値、中性脂肪を下げる働きがあります。また、善玉コレステロール値を上昇させ、血圧を下げる働きがあることもわかって来ました。

植物性ステロール

植物ステロールとは、植物に含まれるステロールの総称で、野菜や果物、食物油などに含まれています。植物ステロールには、総コレステロール値とLDLコレステロール値を下げる効果がありますが、HDLコレステロールと中性脂肪には、影響を与えません。植物ステロールは、料理用油やマーガリンなどに配合されているほか、錠剤や粉末に加工されたサプリメントも販売されています。植物ステロールのサプリメントには特に問題となる副作用や健康被害はありませんが、ごくまれに下痢や便秘などの症状がでることがあります。

大豆イソフラボン

大豆イソフラボンとは、主に大豆の胚芽にに含まれるフラボノイドの一種で、女性ホルモンのエストロゲンに似たはたらきをすることで知られています。大豆イソフラボンには、総コレステロールおよびLDLコレステロールを低下させ、中性脂肪を下げる効果あるほか、更年期障害の緩和、骨粗しょう症の予防、美肌効果などがあります。大豆イソフラボンは、豆腐や納豆、きな粉などの大豆製品から摂取することもできますが、不足するようならサプリメントも利用してみましょう。

コレステロール値改善に役立つサプリメントのご紹介

ここでご紹介のサプリメントは、アマゾン(Amazon.co.jp)で購入することができます。
ご注文の際は、リンク先のアマゾンのサイトで詳細をご確認の上、注文手続きをお取りください。

>>コレステロール値改善に役立つサプリメント

swfu/d/ieline02.gif

powered by HAIK 7.1.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional