サプリメントの種類や選び方を症状別・目的別にご紹介しています

しわ・たるみを改善する

しわ・たるみを改善するサプリメント

加齢とともに増えてくるしわやたるみは、肌の乾燥や皮膚の弾力の低下、顔の筋肉の衰え、紫外線から受けたダメージなどが原因で起こります。しわやたるみを改善する方法として、マッサージやスキンケアなどが有効ですが、サプリメントにより身体の内側からサポートすることも大切です。
しわ・たるみを改善するサプリメントとしては、コラーゲン、ビタミンC、ヒアルロン酸、コエンザイムQ10などがあります。

コラーゲン

コラーゲンは、皮膚や骨、関節などに含まれるタンパク質の一種で、細胞と細胞をつなぐ働きをしています。一般に体内のコラーゲンは加齢とともに減少してしまうため、徐々に肌のハリや弾力が失われ、しわやたるみとして現れます。真皮にあるコラーゲンは20代をピークに40代では半分にまで減少すると言われますが、減少した分をサプリメントなどで補うことにより、肌の水分保持や弾力性の強化、肌荒れの改善といった美肌効果を期待することができます。また、コラーゲンは、骨粗鬆症の予防と改善、変形性関節症の予防と改善にも効果があるとされます。コラーゲンには鶏や牛、豚などに由来する動物性コラーゲンと、魚に由来するコラーゲンとがあります。

ビタミンC

ビタミンCは、別名アスコルビン酸と呼ばれる水溶性のビタミンです。ビタミンCの美肌効果は、広く知られていますが、それはコラーゲンの生成を助ける働きがあるからです。ビタミンCが不足すると、皮膚の細胞同士をくっつける働きのあるコラーゲンがうまく作られず、ハリや弾力のない肌になってしまい、しわやたるみとなって現れます。うるおいのある若々しい肌を作るためには、コラーゲンとともにビタミンCが必要なのです。ビタミンCは水溶性のビタミンであるため、余分に摂取した分は尿とともに排出されますので、過剰摂取による副作用の心配はありません。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、皮膚や軟骨、関節液などの体内組織にあるムコ多糖類の一種で、優れた保水機能があります。ヒアルロン酸の体内での含有量は、胎児の時が最も多く、40歳を過ぎると急激に減少して行きます。ヒアルロン酸が不足すると、皮膚のみずみずしさが失われ、しわやたるみの原因になります。ヒアルロン酸は、食品にも含まれていますが、サプリメントで効率的に摂取することにより、しわやたるみの予防や改善に役立ちます。

コエンザイムQ10

コエンザイムQ10とは、体のあらゆる細胞に存在する補酵素で、生命活動に欠かせない物質です。コエンザイムQ10には、食事で取り入れた糖や脂肪、アミノ酸などを生きるために必要なエネルギーに変える働きと、活性酸素による害から細胞を守り、新陳代謝を促して肌の衰えを改善する働きがあります。最近は、コエンザイムQ10入りの化粧品がいくつか作られていますが、サプリメントで補給することにより、体の内側からしわやたるみを改善する効果が期待できます。

しわの予防と改善に役立つサプリメントのご紹介

ここでご紹介のサプリメントは、アマゾン(Amazon.co.jp)で購入することができます。
ご注文の際は、リンク先のアマゾンのサイトで詳細をご確認の上、注文手続きをお取りください。

>>しわの予防と改善に役立つサプリメント

swfu/d/ieline02.gif

powered by HAIK 7.1.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional