サプリメントの種類や選び方を症状別・目的別にご紹介しています

うつ病を予防する

うつ病を予防するサプリメント

「何となくやる気がおきない」という状態が長く続く場合、うつ病へと進行してしまうことがあります。うつ病は、強いストレスなどが原因で、脳内の神経伝達物質であるノルアドレナリンとセロトニンの放出量が、低下することによっておこる病気です。うつ病を予防するためには、十分な休養を取ってストレスを早めに取り除くことが大切ですが、サプリメントを利用する方法もあります。
うつ病を予防するためのサプリメントには、セントジョンズワート、ビタミンB群、ジャスミン、5-ヒドロキシトリプトファン(5-HTP)、サミーなどがあります。

セントジョンズワート

うつ病予防の代表的なサプリメントであるセントジョンズワートは、オトギリ草科の多年草です。有効成分のヒペルフォリンが、脳内のセロトニン濃度を高めてうつ症状を抑えるとされています。セントジョンズワートは、米国ではストレスを軽減する「ハッピーハーブ」または「サンシャインハーブ」とも呼ばれています。ドイツでは、医薬品として使用されていますが、薬効性が強いためセントジョンズワートのサプリメントを他の薬と併用する場合は、医師と相談の上摂取するようにしてください。

ビタミンB群

ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンB12は、糖をエネルギーに変えて脳の神経細胞に供給するなど、脳と神経に重要な働きをしており、不足すると不安感やイライラなどの症状が出ます。 ビタミンB群は相乗効果で働くため、うつ病の予防のためには、マルチビタミンなどのサプリメントで総合的に摂取すると効果的です。

ジャスミン

ジャスミンは、モクセイ科の熱帯性植物で、食用や香料、薬用などに使われます。抗うつ作用のほか、鎮痛作用、強壮作用、更年期障害の諸症状の緩和、心身をリラックスさせる効果があるとされています。

5-ヒドロキシトリプトファン(5-HTP)

5-ヒドロキシトリプトファンは、体内で神経伝達物質であるセロトニンに変わる物質です。抗うつ作用のほか、不眠の改善や頭痛を和らげる作用があります。

サミー

サミーには脳内伝達物質のセロトニンやノルアドレナリン、アドレナリンを増加させ、うつ病を予防する働きがあります。


うつ病予防に役立つサプリメントのご紹介

ここでご紹介のサプリメントは、アマゾン(Amazon.co.jp)で購入することができます。
ご注文の際は、リンク先のアマゾンのサイトで詳細をご確認の上、注文手続きをお取りください。

>>うつ病の予防・改善に役立つサプリメント

swfu/d/ieline02.gif

powered by HAIK 7.1.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional